本文へ移動

地域・ブログ

特養ひかり隣保館ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

(´∀`*)ウフフ・・わが社の名物職員を紹介します♪

2020-11-25
今年もあと1ヶ月とちょっと・・・あっという間に毎日が過ぎていきますね。
皆さんいかがお過ごしですか?こんなご時世に限って、遊園地で絶叫マシンに乗りたい、秘境温泉に泊まりたい、アカスリしたい、韓国料理屋に行きたい、出会いを求めて居酒屋に行きたい(笑)と、まだまだたくさんしたいことが出てきちゃう。不謹慎ですね汗我慢の日々で悶々と欲求不満中です。利用者さん癒して2つのハート(笑)
いやいやいや、私よりも利用者さん達の方がなかなか思うように外に出られないから、私の欲求不満なんて小さいものです。一緒に頑張りますきらきらしたハート
 さて、わが社にはもの凄く手先が器用な職員がいます。こんな人と結婚したら、電球電球交換や、機械関係での「何でこーなるのっ( `―´)ノ」ってイライラをすぐに解決して下さるんだろうなって妄想しちゃう。
そして、虫にも強く、そう‼奴Gが現れた時には私は彼の名前を叫ぶのです。その彼の名は・・・きらきら「野平さん」です赤いびっくりマークきらきら(≧◇≦)
残念ながら人様のご主人さまなのです。(笑)
 
何が凄いかって?(ラーメンが好きすぎて、美味しいラーメン屋さんを聞くとすぐ答えてくれる所も凄いのですが( ^ω^)・・・)
 
先日、当施設では毎年恒例の「秋祭り」という行事がありました。
テーマは神社が舞台で、祭囃子が聞こえてくる昔ならではのお祭り、利用者さんが懐かしく感じてもらえたら・・でした。
その担当に野平さんがおり、なんと!!実物大?組み立て式の鳥居を作ってしまったのです!!
その鳥居の写真は一番最後のお楽しみです☆彡
こんなにも本格的な立派な鳥居が出来上がるなんて・・・利用者さん喜ぶだろうなぁって、めちゃくちゃ感動してしまいました。ウルウル(。◕ˇдˇ◕。)/
早く利用者さんに見てもらいたい❕と思いながらやっと当日・・・思った通り、
利用者さん全員感動してくれましたきらきら
また、祭担当以外の全職員も感動の嵐でした。
 
うちの施設長が鈴の付いたお賽銭箱を作って下さいましたので、利用者の皆さんは、大きな鳥居をくぐり、鈴を鳴らし、神様が見えているかのように2拍手1礼してから祭会場で思い思いに楽しまれていきました。ウルウル(。◕ˇдˇ◕。)/
 
いやぁ・・ほんとにいい秋祭りでした。野平さん、時間を見つけながらの制作、ほんとにお疲れ様でした。コロナでなかなか利用者さんも外出できない中、利用者さんに喜んでもらいたい、ただ、その一心で、野平さんはじめ担当の方々が作り上げた秋祭り、喜んでもらえて良かったですねきらきら(実は私も担当でした(笑)イヒヒヒヒ)
 
この鳥居をご覧になって、野平さんの凄さ、器用さがさぞかしおわかりいただけただことと思います。なので、私イチオシ!名物職員ラーメン大好き野平さんを紹介させて頂きました。(´∀`*)ウフフ
                          
介護職員:小原美与 
 

やっぱり食欲の秋

2020-11-19
皆さんこんにちは~(^^)/
今回は、1階介護職の畠山がブログ担当です!!11月中旬に入り、季節も秋から冬にさしかかる時季となりましたね。
日中は、まだお日様があたっている時は秋晴れの日が続いているので過ごしやすく感じますね!
そして、秋はやっぱり食欲の秋ですよね!!【笑】
みなさんは、秋の味覚を味わったりこの季節の食べ物を、堪能しましたかー??
私は、焼き芋栗のモンブラン、その他いろいろな美味しい食べ物に出会えて満足しましたよ~!!

料理クラブ

2020-11-14
こんにちは。管理栄養士の金井です。
入職したのが平成30年の8月で今は令和2年とあっという間。
時が過ぎるのは早いです。
この前まで夏だったのに今や冬に入り風邪の
季節です。気をつけましょう。
 
今回は毎月行っている料理クラブのお話です。
今は3名で配膳室をかりて行ってます。
入所者様に作りたい物など聞いて予算の範囲内で出来るメニューを作ります。
当日、買い出しに行き、皆さんが集まってスタート。
手際よく材料を切ったりと栄養士の私よりも手際よく調理。
「主婦だから出来るわよ」と楽しそうです。
作ったら「いただきます」と合掌し、皆さんで美味しいと召し上がってます。
次回は何が作りたいか聞いてきます。
 
管理栄養士:金井明美

育休より復帰させて頂きました♪

2020-11-06
 
皆様お久しぶりでございます。
職員酒巻、育休より復帰させて頂きました。
復帰前日よりソワソワ、お腹も痛くなったり寝れなかったりで初日からとても疲れたのを覚えています。
でも職員の皆さん、ご利用者の皆さんから温かい言葉、そして温かいお出迎えをして頂けてここに戻って来れて良かったと思ったことを今でもはっきりと覚えています。
でもこの気持ちは初めて職場に訪れる新人職員の気持ちに似ているのかなと思いました。
なので安心して下さい。
本当に職員もご利用者様も優しくて親切な方ばかりです。
 
さて、話は変わりましが今回は面接で良く質問されること!について少しお話しさせて頂きたいと思います。
ただ私面接官をしたことがないので本当に困りました。
なので副主任にインタビューをしました。
 
その①就職するまでに準備しておくこと。
これに関しては学生のうちに学生にしか出来ないことをやって下さい。
 
その②この仕事をして嬉しかったこと、良かったこと、大変なこと
嬉しいこと、良かったことは感謝の言葉を頂けること、顔を覚えて貰えること、教えた新人が一人前に働いている姿が見れる事、平日休みなどです。例を挙げるとキリがなくなるので次です。
大変なことは認知症を理解すること。
例えば、「ご飯食べてない」「家に帰る」などどのように声をかければ安心して頂けるのかいつも課題です。普通の企業のようなお休みがない事。例えば年末年始、GWなどですね。
 
その③就職してからの流れ
簡単に言いますと3ヶ月で日中の流れから技術までを習得して頂くことを目標にしています。この3ヶ月間は育成担当の職員が出勤日にマンツーマンで指導を行います。
4ヶ月目から徐々に早番遅番夜勤を習得していただく形です。
いかがですか?
確かに介護って大変だなと言うイメージが強いのが世間的にも多いですね。
ですがそれと同様、もしくはそれ以上に嬉しいこともありますよ。

※この写真は音楽療法の時の写真ですが職員もご利用者様もみんなで楽しんでいる時間です
 
介護職員:酒巻菜緒。

勤続15年♪

2020-10-30

こんにちは!私事ですが、阿部と同期の荒尾さんは一緒に勤続15年間を迎えたので、感謝状をいただきました。

一緒に乗り越えてきた15年間、長いようで短いような、そんな道のりです。私は荒尾さんなしではこの15年間は語れないです。次は一緒に30年を迎えられるように頑張ります!

 

みなさんが「聞きたいけど聞きにくいこと」をお題として、今回はブログを考えていきました。

私は短大で介護福祉学科で学び、就職しました。

私の就活する頃は専門学校卒業してからその職種に就職する方が多かったのですが、それはもうひと昔以上前の話です。

今は「違う学科で勉強したけど、やっぱり介護の仕事に興味がある!」「介護の仕事をやってみたい!」そんな方も結構います。みなさん、共通して不安に思うことは人間関係だと思います。

 

お答えします。男女問わず。年齢問わず。仲はいいです。

この業界では仲のいい場所が多いんではないかな?と思っています。

ドラマであるような派閥とかは就職してからは見たことがありません。「仕事でなかなか聞けなくて悩んでしまったらどうしよう」、「みんなのの中に入っていけなかったらどうしよう」と1人で悩んでしまうんじゃないかと不安に思いますよね。

私も就職する前はそう思っていました。その頃の私は人見知りが激しい私には新しい生活、新しい人間関係を想像もできもしないので不安でした。

飛び込んでみると、明るい先輩や心強い同期、優しい後輩に恵まれました。

介護の職場は一緒に仕事をするのでチームワークが大事なんです。

チームワークを大事にする方が多いので、人間関係も作りやすいし、仕事も一人で考えるというよりも、みんなでいい意見を考えることが多いので、意外と仕事しやすいと思います。

良かったら一緒に仕事しませんか?きっと仕事がしやすいと思いますよ。

介護職員:阿部順子

0
5
9
4
5
1
TOPへ戻る