本文へ移動

地域・ブログ

特養ひかり隣保館ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

個別ケアのこと

2019-10-12

ここ最近、暑さもやわらぎ、肌寒くなってきましたね。

うちの犬も年を取り寒さが体にこたえてきました。

犬も人間も同じですね。

 

当施設では個別ケアを重視しています。

ケアプランに犬が好きな利用者さんには犬との面会とか、月1回食事に行ったりと、ケアプランの中に入っていたりします。

春、秋には花見やバラ園の散策、月2回利用者が料理をする日を設けていたりしています。

少しでも楽しい日々を過ごしていただきたいと思い、いろんなことに取り組んでいます。

                               介護職員  荒尾梢

幸せ探して  ー個別ケア委員会-

2019-10-05
こんにちは
今年1月に入職しました、医務の田村あや子です。
私は今まで訪問看護師として在宅に出向き住み慣れた環境でご本人、ご家族を支援する仕事に長年携わってきました。
医療、看護、生活すべてがご利用者様ファースト、オンリーでありまさにその方のための看護の提供でした。ご家族も含めて満足していただけるようにするために在宅チーム(医師、ヘルパー、訪問入浴、施設スタッフ等)との情報共有は欠かせないものでした。
特養ひかり隣保館には入所者様の生活を楽しく安全にその人らしく過ごしていただけるよう様々な委員会があります。
その中の一つが「個別ケア推進委員会」です。
介護、医務スタッフは受け持ち制にしています。
担当になった方は健康でその方らしく過ごせるためのより多くの情報を得て委員会で発表し協議します。
その為には相手に心を寄せ、今日に至るまでの生きてきた道のりに興味、関心を示し本人が多くを語れるような関係を築いていくことが大切なのではないでしょうか。
心が動けば体が動く
体が動けば心が動く
幸せかどうかは本人が決める事ではないかと思います。
それは表情の変化に現れるのではないでしょうか。
安心した顔つき、笑顔がふえるなど
自分のことは自分で決めたい、
でも判断能力が衰えたら誰かに私の話や気持ちを聴いてほしい。そして笑顔でいられるような環境で過ごしたい。
 
日々入所者様とふれあい、関わりながらそう思う今日この頃です。
 
看護主任:田村あや子

敬老祝賀会について

2019-09-24

こんにちは、介護職員の塚本です。

敬老祝賀会は高齢者施設で行う行事の最大のイベントと言えるのではないでしょうか。

 

ひかり隣保館でも毎年行っていて、今年は9/15(日)に行いました。

 

敬老祝賀会を行うに当たり、行事の担当者がいてその方たちを中心に準備が進められていきます。他にも祝辞を読む担当の方や、新人の方は出し物を行うのが恒例となっています。

みんな本番に向けて、頑張っていました。

私も8年目なので、以前に行事担当、祝辞、新人の出し物を経験しましたが、他の職員の協力があったので乗り越えられたと思っています。

 

ひかり隣保館の職員は、人数が少ない分、人間関係が濃く、とても仲が良いと思います。

今回も少人数の企業ならでは仲の良さとチームワークで無事に終わることができました。

 

敬老祝賀会は終わりましたが、ひかり隣保館では、行事が続きます。

10月には秋祭り、12月はクリスマス会があります。

これからも職員みんなで協力し、入所者の方に喜ばれるようにしていきたいです。

介護職員:塚本 雄亮

☆福利厚生でお得なこと☆

2019-09-20
今回ブログを担当する介護職員の角田です。よろしくお願いします!(^^)!
 
この頃は朝夕の気温も下がり過ごしやすい日が増えましたね。
今年の夏は猛暑日が続き体調を崩された方も多かったのではないでしょうか?
私はこれから過ごしやすくなる季節になりますので心も身体もゆっくり休めながら
秋の夜長を楽しみたいと思っております。
 
皆さんはどのようなことをされて秋の夜長を過ごされますか?
ご家族と一緒に過ごされる方や読書をする方、食欲の秋の言葉もあるように料理をしてご自分の身体に良い物を作り健康を気遣う生活をされる方もおられることでしょう。
私は家で映画を観ながら一杯お酒をいただくとゆうオヤジ的な趣味に今ハマっております。(*^^*)
この間お酒を購入した時、ひかり隣保館で働くと嬉しい特典があるのですがそちらを利用させていただきました。
 
それは、ひかり隣保館で実施している数ある福利厚生の一つに
JCBのギフトカード3000円分を誕生日に差し上げますという
太っ腹なサ-ビスがあります(^^♪
誕生日の月にお給料とは別にいただけます!
要らないと言ってもこれは絶対に貰わなくてはいけません!!^^;
もう何度か頂戴していて以前は仕事に活かせるようにと本を買ったり、自分にご褒美と良いお肉を食べるなど楽しく使わせていただきました。
今度は何をしようかしら?  来年も楽しみにしております。  
 
介護職員: 角田幸子

つむぐ糸・つぐむ縁

2019-09-11

こんにちは。居宅のケアマネジャーです。

月曜日に台風が通過してわが千葉県でも停電等の被害があり、今も復旧作業中のようです。

 

私が担当している居宅のご利用者様100歳になりお祝いの品を頂きます。

この方で2名の100歳越えのご利用者様を担当します。

 

ひかり隣保館のデイサービスは、911日(水)・12日(木)に敬老のお祝いを行います。

特養ひかり隣保館では、915日(日)に敬老祝賀会を開催します。

そこで、花笠音頭が披露されます。新人職員によりご利用者様・ご家族に披露します。

私も数年前に着物を着て花笠をかぶり、踊りました。皆様に披露するまでには何度も練習。

リハーサルには、先輩職員や主任・施設長のアドバイスを受け、やっとお披露目になります。

伝統という言葉ではタイソウ過ぎますが、時間軸で繋がっています。

思いは、同じだと思います。ご利用者様に楽しんで頂きたい。気持ち。 縦の糸。

 

横の繋がりの糸(現在)は、ひかり隣保館の敷地内に「地域交流スペースがオープン」しました。

92日にひかり隣保館の保育園内に開設されました。

月・水・金 時間:10時~16時まで

横の繋がりを増やしていきませんか?

お茶を飲みながらおしゃべりができるスペースです。

私も、縦の糸(過去と未来)と横の糸(自分の周りの事:現在)を大事にしていきたいと思います。

過去と現在と未来を大事にしていける世の中である事と大事にしてイケる自分でありたいですね。

 

介護支援専門員:冨永ひろ子

0
5
0
0
6
5
TOPへ戻る