本文へ移動

地域・ブログ

特養ひかり隣保館ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

『以前から・今でも課題となっていること』

2020-01-23

居宅介護支援事業所の石井です。

 在宅のケアマネジャーをしていると様々な社会資源に触れることが出来ます。

介護保険のサービスとしてヘルパーやデイサービスなどのサービスは勿論ですが最近は自分たちの地域の中での助け合いのサービスや普段馴染みのある企業(コンビニや郵便局等)でも行う見守りをサービスがあったりと、実に様々なサービスが展開されています。

身近な存在のところ、人から支援を受けられるということはとても心強いですね。

 その中でも、以前から・今でも課題となっている『高齢者の移動問題』『買い物難民問題』があります。

私の周りでも、高齢になり今まで自身で出来ていた車の運転が出来なくなり、病院やスーパーへの買い物に行けなくなってしまう方がとても多くいらっしゃいます。

移動を手伝ってくれるご家族がいる方や、バスの本数も多く環境的に恵まれている地域はまだまだ一部です。

柏市内には移動サービス「こらくだくん」や予約型相乗りタクシー「カシワニクル」や移動支援サービスはあるも、まだまだ利用しにくい状況も多く大きな解決策とはなっていません。

 様々な未活用の移動手段などが整備され、高齢者にとってスムーズで使いやすい体制が早急に整って欲しいと思います。

                        

介護支援専門員 石井 洋

入職して最初に僕が感じたこと

2020-01-08

みなさん、こんにちは。初めて書かせていただきます。

去年の4月から入職しました介護職員の有馬です。

入職してからもう10ヶ月になろうとしています。

本当にあっという間だなと感じています。

右も左もわからずに入った仕事で最初は戸惑うことばかりでしたが、今は慣れてきてやりがいも感じています。

 

さて、今回は入職して僕が最初に感じたことを書きたいと思います。

入所者の方との距離の縮め方が全然わからないということです。

今まで高齢者の方と関わるというと自分の祖父や祖母とほぼそれだけだったからです。

世代も違いどのような会話をすればいいのかとても困惑しました。

なので、最初は先輩のアドバイスを聞いたり先輩が話している内容を真似したりしていました。

そこから会話を広げていきました。

ここで感じたことは入所者の方の性格を理解していくことです。そのためには入所者さんとコミュニュケーションをすることが一番距離が縮まる方法なのかなと僕は感じました。

 

これからもっとたくさんの方々と関わりながら日々勉強していきたいと思います。

 

まだまだ未熟ですがよろしくお願いします。

 

介護職員:有馬純太

お勉強の時間です

2019-12-25

皆さんこんにちは。デイサービス職員小沼です。

 

毎日午前中は学習時間が設けられていまして、入浴の順番が回ってくる間は希望者だけ勉強して頂いております。

 

一番人気は計算問題!

何故か計算問題の減りがとても早いのです”(-“”-)”

 

特養やショートステイの利用者様はわかりませんが、デイサービスの利用者の皆さんは塗り絵より計算問題をもっぱら行っています。

そして皆さん問題を解くのがとても早い!

なので印刷が大変(笑)

そして採点した私が間違えて、利用者様に『先生~ここ合ってるじゃない~』って突っ込まれる始末(>_<)

ハ~~、もっと学生時代に勉強しとけばよかったな~(笑)って今更愚痴っても仕方ないので、皆さんと一緒に勉強している訳です。

 

その後はお風呂に入ってサッパリしてお食事の時間になります。

午後にはリハビリ体操など脳トレではなく、今度は身体を動かす時間になりますが、本当に皆さん意欲的に取り組んでいらっしゃるので、お元気でいられるのも納得できます。

 

今後も間違い先生と一緒に勉強していきましょう!(笑)

 

 

デイサービスセンターひかり隣保館

生活相談員:小沼 守

ひかり隣保館は心強い職場☆

2019-12-18

 

私は、ひかり隣保館に就職する前は県外の病院にて看護助手として働かせてもらっていました。

 

幼少期から親は共働きでおじいちゃんや、おばあちゃんと過ごす時間が長く大きくなるに連れ介護施設で働きたいと思う気持ちが強くなりました。

最初は病院での勤務でしたが、やる内容的にはそれほど変わりなかったです。

高校卒業してすぐに働かせてもらった為、責任感も無く遊びたい盛りで迷惑をかけたこともありました。

しかし職場の人に支えられ今の自分があると思います。

ここで働かせてもらって人一倍責任感も感じられるようになったし、もし自分と同じ感じで挫折しそうになった人がいたら何かしらアドバイス出来る気がします(>_<)

他職員も色々な職種で働いた人・介護一筋の人、人それぞれです。

だからこそ色々な話も聞けて勉強になります。

タイトルと話がずれてきてしまいましたが

何かあってもひかり隣保館は心強い職場です。いきなり面接はちょっと…という人でも見学も出来ます。

ぜひ一緒に働いてみませんか((((oノ´3)ノ???

 

きらきらしたハートきらきらしたハートきらきらしたハート18日より始まるゆず湯のゆずショット担当入居者のYさんですきらきらしたハートきらきらしたハートきらきらしたハート 

 

介護職員:日名子桃子

「音楽鑑賞会」

2019-12-11

皆さんこんにちは、介護職員の菊地俊介です。

先月、「特別養護老人ホームひかり隣保館」に音楽の慰問に来ていただいていたアンサンブルアイビーさんのラストコンサートに、入所者の方4名と介護職員2名で行ってきました。

 

2部構成で約2時間の音楽鑑賞会でした。

いろんな楽器がありとても美しい音色で、みんなで聞き入ってしまいました。

その中でも特にオカリナが、入所者の方はとても印象に残ったようで、帰りの車内では音楽の話で大盛り上がり。

これからも、入所者の方と施設内でも同じように一緒に喜びを共有して日々過ごしていけたらいいなと思います。

外部でまた音楽鑑賞会があったら入所者の方たちとまた是非行きたいと思います。

 

介護職員:菊地俊介

0
5
7
8
8
5
TOPへ戻る