本文へ移動

地域・ブログ

特養ひかり隣保館ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

敬老祝賀会について

2019-09-24

こんにちは、介護職員の塚本です。

敬老祝賀会は高齢者施設で行う行事の最大のイベントと言えるのではないでしょうか。

 

ひかり隣保館でも毎年行っていて、今年は9/15(日)に行いました。

 

敬老祝賀会を行うに当たり、行事の担当者がいてその方たちを中心に準備が進められていきます。他にも祝辞を読む担当の方や、新人の方は出し物を行うのが恒例となっています。

みんな本番に向けて、頑張っていました。

私も8年目なので、以前に行事担当、祝辞、新人の出し物を経験しましたが、他の職員の協力があったので乗り越えられたと思っています。

 

ひかり隣保館の職員は、人数が少ない分、人間関係が濃く、とても仲が良いと思います。

今回も少人数の企業ならでは仲の良さとチームワークで無事に終わることができました。

 

敬老祝賀会は終わりましたが、ひかり隣保館では、行事が続きます。

10月には秋祭り、12月はクリスマス会があります。

これからも職員みんなで協力し、入所者の方に喜ばれるようにしていきたいです。

介護職員:塚本 雄亮

☆福利厚生でお得なこと☆

2019-09-20
今回ブログを担当する介護職員の角田です。よろしくお願いします!(^^)!
 
この頃は朝夕の気温も下がり過ごしやすい日が増えましたね。
今年の夏は猛暑日が続き体調を崩された方も多かったのではないでしょうか?
私はこれから過ごしやすくなる季節になりますので心も身体もゆっくり休めながら
秋の夜長を楽しみたいと思っております。
 
皆さんはどのようなことをされて秋の夜長を過ごされますか?
ご家族と一緒に過ごされる方や読書をする方、食欲の秋の言葉もあるように料理をしてご自分の身体に良い物を作り健康を気遣う生活をされる方もおられることでしょう。
私は家で映画を観ながら一杯お酒をいただくとゆうオヤジ的な趣味に今ハマっております。(*^^*)
この間お酒を購入した時、ひかり隣保館で働くと嬉しい特典があるのですがそちらを利用させていただきました。
 
それは、ひかり隣保館で実施している数ある福利厚生の一つに
JCBのギフトカード3000円分を誕生日に差し上げますという
太っ腹なサ-ビスがあります(^^♪
誕生日の月にお給料とは別にいただけます!
要らないと言ってもこれは絶対に貰わなくてはいけません!!^^;
もう何度か頂戴していて以前は仕事に活かせるようにと本を買ったり、自分にご褒美と良いお肉を食べるなど楽しく使わせていただきました。
今度は何をしようかしら?  来年も楽しみにしております。  
 
介護職員: 角田幸子

つむぐ糸・つぐむ縁

2019-09-11

こんにちは。居宅のケアマネジャーです。

月曜日に台風が通過してわが千葉県でも停電等の被害があり、今も復旧作業中のようです。

 

私が担当している居宅のご利用者様100歳になりお祝いの品を頂きます。

この方で2名の100歳越えのご利用者様を担当します。

 

ひかり隣保館のデイサービスは、911日(水)・12日(木)に敬老のお祝いを行います。

特養ひかり隣保館では、915日(日)に敬老祝賀会を開催します。

そこで、花笠音頭が披露されます。新人職員によりご利用者様・ご家族に披露します。

私も数年前に着物を着て花笠をかぶり、踊りました。皆様に披露するまでには何度も練習。

リハーサルには、先輩職員や主任・施設長のアドバイスを受け、やっとお披露目になります。

伝統という言葉ではタイソウ過ぎますが、時間軸で繋がっています。

思いは、同じだと思います。ご利用者様に楽しんで頂きたい。気持ち。 縦の糸。

 

横の繋がりの糸(現在)は、ひかり隣保館の敷地内に「地域交流スペースがオープン」しました。

92日にひかり隣保館の保育園内に開設されました。

月・水・金 時間:10時~16時まで

横の繋がりを増やしていきませんか?

お茶を飲みながらおしゃべりができるスペースです。

私も、縦の糸(過去と未来)と横の糸(自分の周りの事:現在)を大事にしていきたいと思います。

過去と現在と未来を大事にしていける世の中である事と大事にしてイケる自分でありたいですね。

 

介護支援専門員:冨永ひろ子

ひかり隣保館のダイバーシティとは? 

2019-09-04

こんにちは、介護職員の堀田です。

今回の、テーマはダイバーシティとの事ですが、ダイバーシティとは、多様性だそうです。

自分は、ダイバーシティ東京ぐらいしか思いつきませんでしたが。

当施設、特別養護老人ホームひかり隣保館では、様々な方達が働いています。因みに私は40代前半ですが、私よりも元気な地域の年上の様々な経歴の方々が職員と共にシニア就労として働いてくれています。

食事前のテーブルの準備や配膳、下膳等をして下さる方もいらっしゃれば、食事の介助をして下さる方もいらっしゃいます。勿論、職員が丁寧に教えています。洗濯場で働いてくださる方もいて、逆に職員に洗濯のやり易いやり方や、裁縫関係を教えてくださったり、指導をして下さったりもしてくれます。

館内の掃除で職員の至らないところをフォローして下さる方もいらっしゃいます。

ショートステイの添乗に乗って頂き、利用者の方をお宅までお送りしていただいている方もいらっしゃいます。どの方も、「何かやること他にある?」と積極的に声をかけてくれますし、皆さん楽しそうに働いていただいています。

仕事以外でも、施設の忘年会に参加して下さる方もいらっしゃったり、2次会まで飲みに行った方もいらっしゃいます。当施設で働いていただいている方は、職員にはっきりと意見を言って下さる方たちなので私達もとてもやり易いです。

 

もし、気になった方は是非特別養護老人ホームひかり隣保館までご連絡を。

サポートクラブと言うシニアの方たちの集まりもありますのでまずは、そちらからご参加してみてはどうでしょうか。ご連絡お待ちしております。

 

介護職員:堀田恒正

話は変わりますが、最近嬉しいことがあり活動休止中だったSTU48の薮下楓が活動再開しました。とても人懐こくて、面白い子なのでまた、握手会で野球の話をするのが楽しみです。

「いいね!」してからお読みください(笑)

2019-08-31
本日のテーマは「小規模人数の組織の魅力」。
 
私、とある組織団体で20年以上配達や営業、新規事業開拓や事務所の管理職みたいな事もさせてもらっていました。その組織は県内に20か所近くの配送センターや店舗をそれぞれ展開し、一事務所につき職員数十名、プラスパートさん、事務職員さんなど十数名を擁する、私からすればとても大きな規模の組織でした。
 現在働かせてもらっている「特養ひかり隣保館」「社会福祉法人千葉県厚生事業団」はそこと比べたら小規模な組織と言えましょう。今回は大規模組織も小規模組織も経験している私が、いわゆる「最前線で働く現場の一職員」として、小規模組織ならでは、ひかり隣保館ならではの魅力をお伝えしたいと思います。
 ※情報伝達の速さが違う!※
 事務所と現場が同じ建物の中ですし、事務所からの発信や新規利用者情報、或いは職員間で設けている利用者や職場の為のミーティングなど、情報の伝達が実に速やかです。逆に、「こうしたほうがもっと職場がよくなるのではないか」「この利用者様の
為にこういう事をしてみてはどうか」など、現場職員からの意見や発信も比較的早く会議の議題にのせてくれる等、相互間の情報が素早く共有できるのは、小規模組織ならではの大きな特徴です。
※転勤がない!※
 以前の組織では2~3年おきに転勤があり、私それはもう県内くまなく通っていました。市原市まで片道2時間30分かけて2年位通勤していた事もあります。若いうちは転勤も楽しめるものかもしれませんが、例えば家庭を持ったり、親の介護が必要になったりする場合、何かと制約がうまれてきます。その点「千葉県厚生事業団」「特養ひかり隣保館」は柏市の十余二のみですから、じっくりと腰を据えて(⁉)利用者様の為にお役に立つと同時に、自分のスキルアップを目指す事ができます。
※職員間の連携力が長けている!※
 介護・看護・ケアマネ等他職間で一人の利用者様のお役に立てるような仕事ですので、自然と連携力が養われていきます。特に介護職員間では只の仲良しこよしでは無く、一人一人がプロとして、仕事に対しての「阿吽の呼吸」「職員間で補い合う」「声を掛け合う」「すぐに、気軽に確認・相談しあえる」といったチーム力に長けている、と個人的に強く感じます。
 
 勿論、大規模組織にも良い所は沢山あります(「一部署の赤字実績を他部署の黒字で補う」など)。今回はあくまでも「ひかり隣保館の良い所」に的を絞ってお伝えいたしました。いかがだったでしょうか⁉少しでも興味を持たれた方、お気軽にご連絡お待ちしています!
 
 残暑厳しい毎日です。体調にはどうぞ気を付けてお過ごしください!
介護職員 倉木盛満
0
5
7
8
8
5
TOPへ戻る