本文へ移動

地域・ブログ

特養ひかり隣保館ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

「元気高齢者の活躍サポート事業」が始まります!!

2019-08-01
 
「元気高齢者の活躍サポート事業」とは、
元気な高齢者の方々が引き続き元気を維持することができるように、また支援が必要になっても住み慣れた地域で安心して暮らし続けられるよう、高齢者が地域の担い手となる方を養成し、元気な高齢者の社会参加・介護予防・生きがいづくりを応援する事業です。
このたび、サポートクラブの方との検討の結果、
この事業に応募し、県からの決定通知が出ました。
今でのサポートクラブのノウハウを生かして、更なるサポートクラブの拡大と飛躍をしていきたいと思っています。
地域活動担い手養成事業として
・地域活動担い手養成講座の開催
・高齢者の出会いの場の創出
・健康維持のための介護予防体操  などを柱に実施して行く予定です。
地域の方のニーズを聞きながら、進めていきたいと思っていますので、ご興味のある方はぜひお声かけください。
 
 
昨日は、今後の運営についての会議をサポートクラブの皆様と行いました。
たくさんの貴重な意見を今後の運営に役立てていきたいと思います。

介護の仕事ってどんなイメージ?

2019-07-27

私は時々入所者の方やご家族の方に、「本当に介護の仕事って大変だよね」と声をいただきます。

時には友達からもΣ(・ω・ノ)ノ!

私はあまり大変だと思っていないので時々答えに困ります( ゚Д゚)介護ってそういうイメージの方がまだ強いかも?!

確かに体力は必要!!年々体が衰え( ゚Д゚)、周りの友達も「なんか運動しなきゃな~」とか「体動かさなきゃな~」等の話を聞いていると、日頃仕事の中で体を動かせている自分て幸せなのでは☆と数年前から思うようになりました(笑)

そう思えるのは自分が机に座って行う仕事よりも体を動かす仕事の方が好きだから。

どの仕事も大変なことがない仕事はないですよね(*´Д`)

もちろん私も「あ~やだ、やだ(*´Д`)」と思うことはありますでも介護の仕事を始めて数年がたち、その中でも自分の中で仕事に対しての気持ちや、楽しみが少しずつ変化しています。

基本的にあまり深く考えるタイプではないですけどね(笑)

私の両親は幸いまだ元気です。両親に老後はこういう生活を送ってほしいなとか、(もう老後ですけどね、本人たちに言ったら怒るかしら( ;;)

自分は老後こういう生活を送りたいなとか考える機会が増えました(笑)

やっぱり自分の家族が楽しそうに、嬉しそうにしている姿を見ると、嬉しかったり安心されたりしますよね。

 

介護の仕事って人の人生に大きく関わる仕事だと思います。

人の人生に関わるって簡単ではなく奥深く感じますが、人間らしい!!と思う今日この頃☆

 

職場だけではなく、生活の中で【相手の身になって考える】ことを忘れずに楽しく過ごしていきたいと思っています。

そう考えるようになったのは今の介護の仕事についたからだと思います☆

 

介護主任:柴田寛子

【 喜んでいただく事は・・・ 】

2019-07-19

梅雨真っ最中で曇りと雨の日が続き、何となく気分的にもスッキリしない今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

デイサービス介護職員の丸田です。

ひかり隣保館に入社して2年が経ちましたが、まだまだ試行錯誤で奮闘する日々を送っています・・・

 

何が難しいかと言いますと、やはり「デイに来られた方々に喜んでいただく」事です。

 

当たり前の事ですが、デイに来られる方のご希望は様々です。

「まわりの人たちと、お話やレクで楽しい時間を過ごしたい」、

「一人で静かに読書をしていたい」、

「カラオケを歌いたい」、

「他人のカラオケではなく、自分の好きな歌手が歌っているのを聴きたい」など・・・

 

さすが「十人十色」とは良く言ったものですし、デイに来られる方は女性の方が多いため、「女心」もしっかりと理解しなければいけない時は、「十人百色」、もしくは「十人千色」じゃない?と思ってしまうぐらいの超難関さがあります・・・

ただ、それほどの難しさの反面、うまく喜んでいただけた時は、何とも言えない格別な嬉しさを感じる事ができるのは言うまでもありませんし、ある種やみつきになってしまうのですが・・・(笑)

 

ここ最近で言いますと、先日、外食イベントでお寿司を食べに行ったのですが、前回は「しゃりが全然美味しくなかった」、「ネタも薄くて小さく、お寿司とは言えないと思う」、「お金をもっと出しても良いから、ちゃんとしたお店に連れていてほしい」など散々な結果に・・・

さすがは今まで美味しいものを食べてきた強者の女性の方々だけに、生半可なお店ではご満足いただけないと反省し、今回はリベンジのつもりで色々なお店を吟味し選んだのですが、その努力の甲斐あって、多くの方に美味しいと満足していただく事ができました!

 

しかも、ご機嫌も麗しくなられたのか、「今度は買い物に行きたい!」、「焼肉が食べたい!」、「外でバーベキューがしたい」、「花火を観に行きたい」、「肝試しがしたい」、など、イベントに対してたくさんのご要望をいただけた事は本当に嬉しいかぎりです!

(若干、デイのサービス内容とは違ったものまで出てきましたが・・・笑)

 

添付した写真はその際のものです。

これからも、このような素敵な笑顔になっていただけるよう、頑張っていきたいと思います!

 

デイサービス介護職員 : 丸田 和輝

社会人の休日ってどんなもの?

2019-07-17
 

みなさん、こんにちは、介護職員の中山です。

 

昨年より、ひかり隣保館で、お世話になっております。

業務の面では、まだまだ覚えていないことが多く、一度教えて頂いたことを忘れ、先輩方に「すみません・・・何でしたっけ?」と尋ねることが、しょっちゅうあります。

て、休日の過ごし方ですが、最近は友人より薦められた、映画男はつらいよ にハマっています。

映画など、ほとんど興味はなかったのですが、とりあえず、本屋さんへ向かい探すことにしました。慣れないDVDコーナー。「わぉ、あっちのコーナーはまずいか」などと考え、ようやく発見。試しに見てみることにしました。

観てみると、主人公寅さんの人情味あふれる笑顔、まっすぐな性格、誰に対しても変わらない接し方など、素敵だなと思い、とても引き付けられました。この映画を観ていると心が穏やかになります。いつか映画の舞台でもある東京葛飾の柴又に行ってみたいなと思うようになりました。

やはり、休日、仕事終わりなど、仕事が終わったら、心も体もリフレッシュすることが大事だと思います。

たまに仕事終わりにジムに寄り、運動不足を解消し、腰痛にならないよう、気をつけて、仕事にのぞんでいます。

 

介護職員:中山浩一

就活での失敗談

2019-07-04

昨年9月より入職しました松下香です。

Fにて日々先輩雄に丁寧に教えていただき、今では1人で出来る仕事も増えてきて少し自信も持てるようになりました。

私は医療の道へ進もうと2度学校へ行き2度途中で辞めてしまっている中途半端な中年です。

 

そんな私がここにて面接での失敗談をお話しさせていただきたいと思います。

ある病院の面接にて、私の書いた履歴書の趣味欄で面接官の看護部長と師長に笑われてしまったことがありました。趣味:山菜取りです。

さらに緊張のあまり家庭で話しているネイティブ秋田弁で受け答えをしてしまい、私の履歴書を顔にあてて終始師長が笑っていた面接でした。

幸い採用となりましたが他の面接に来られた方々と比べてインパクトがあった様です。

つくった自分を見せるよりも、ありのままの自分を見てもらうのが1番かなと思いました。

 

そして働き始めて日々ご利用者様の笑いをとることを主に考えております。技術、知識面では0年生ですが、笑いにつきましてはぐいぐいいきたいと思っております。

みなさんも、失敗を恐れずに自分の得意分野を貫き就職活動をしてみてはどうでしょうか

 

介護職員:松下香

0
5
5
6
9
4
TOPへ戻る