本文へ移動

施設長ご挨拶・基本方針

ごあいさつ

施設長就任のご挨拶

平素よりひかり隣保館の運営にご理解ご協力をいただき厚くお礼申しあげます。
この度、宇野前施設長の退任にあたり、令和2年4月1日付けで施設長を拝命いたしました太田元子です。
3月までは生活相談員として皆様に大変お世話になっておりましたが、これからも変わらずご支援いただければと思います。
令和2年度の幕開けは新型コロナウイルスの流行で大変な幕開けとなりました。しかし不要不急な外出を控えるなどの自粛要請によって、普段おろそかになっていたことが片付いたり、読みたかった本が読めたり、改めて自分を見つめなおすいい機会ともなりました。このように人生には色々な局面があります。ご入所されている皆様は今我々が経験しているような局面を何度となく乗り越えてこられた方ばかりです。だから皆様強くて優しいのでしょう。私たちも皆様の強さと優しさを見習わなければなりません。
令和2年もひかり隣保館には素晴らしいスタッフが揃っています。みんなで「個別ケアの徹底」「柏市でチームワークナンバー1」「福祉拠点として地域に貢献」を目標に、ご利用者様ファーストを心がけ、ご利用者の皆様・ご家族の皆様・職員がワンチームとなり笑顔の溢れる生活が送れるように努めていきたいと思います。
宜しくお願いいたします。
特別養護老人ホームひかり隣保館
施設長 太田元子

7年間ありがとうございました。

 この度、特別養護老人ホームひかり隣保館施設長を退任します。

 私の50年の仕事人生の中で、ひかり隣保館での7年は思い出深いものになりました。

 ショートステイの部屋のパーテーション工事に始まり、トイレの入り口の改修、80名定員にするための増築工事等々…工事中はみんなであちこちに一時避難に出かけましたが、それでも騒音の中での落ち着かない日々を過ごしていただきました。今でもその当時のことを思い出します。多くの入所者様やご家族の皆さんシニア就労の方々に支えられひかり隣保館の今があります。7年間本当にご協力ありがとうございました。これからもひかり隣保館を育てていただければ嬉しいです。(宇野眞理子)

●基本方針

  自らの意思に基づき、自立した生活が送れるよう
    ケアプランを作成し、個別支援に努めます。
 
   養護老人ホーム・保育園・特別養護老人ホーム
    を併設しているメリットを生かします。
 
  柏市でチームワーク 「ナンバー1」の
    施設づくりを目指します。
 
  超高齢社会を共に切り開いていけるよう
    地域貢献活動に力を注ぎます。
0
5
7
8
8
5
TOPへ戻る